集団で作るもの

自分のセンスだけを信じて疑わず、

他を受け入れず、

「嫌い」と言って拒み、

自分のやりたいことだけを突き通す

 

そんな人と半年間仕事をしなければならなかったことがある。

苦痛だった。

 

当時は彼女のことを「社会性がない」「横暴だ」「一人でやっているのと変わらない」と罵っていた。

自分を売る場だと考えていたのだろうか。

彼女の見ている社会が狭すぎて、どうしたらいいか本当に分からなかった。

今でもどうすることが正解だったのか分からない。

 

かかわらない

適当にやり過ごす

正しい方向に導く

 

よく見る三択は、私の中では間違いのように思える。

 

あの時、どうすれば全員がやりがいを感じ、満足のいくものを作れたんだろう。

一人の大満足より、全員の満足…?

 

集団は大変だ

広告を非表示にする

朝のぐうたら

「絶対に自撮りなんてしない」

 

と思っていた20歳の頃の自分と

今を考えて

人は環境で変わるものだと実感します。

成人式の写真をみて思いました。

 

女子大に入ってから女子大生disをずっとしていたのは、きっとその環境に染まりたくないからだったんだな。

 

さて

自分の会話の中に悪口の比率が高くなってきてしまっていて、

さすがに嫌気がさしています。

悪口として言っているつもりがないのでタチが悪い。

あとで気づいて後悔します。

 

今年はもう少し、学んできたことを生かして、異文化を受け入れられるようになりたい。

disばかりではなく、良いところをしっかり見ることのできる私でありたい。

 

そう思っています。朝。

 

 

広告を非表示にする

大学生最後の年の瀬に思うこと

 

大晦日と元旦はすべてバイトに費やす大学生活でした。

 

今から部屋を(今更)片付けたいと思いますがその前に、

久々に実家の浴槽に浸かっていたら色々と考え事をしてしまったので書き連ねたいと思います。

 

今年は学校で学んだことを沢山アウトプットした一年でした。

就活、採用試験、サークル、卒論、新たなコミュニティへの所属。

 

就活と試験の両立は非常に厳しく、どうしても辛い時期がありましたが

結果的に良い方向に進むことができました。

面接や論文、コミュニケーションが得意かもしれないと思ったのは浪人時代です。

今回もそれをいかしきった活動になりました。

さらに遡れば、浪人し、そして失敗したことが自分の強みだったのではと今は考えています。

望んでいない大学に入り、周りの人に負けたくない思いから真面目に勉学に取り組んだ結果が出たと思います。

受験で成功していたら、こんなに真面目な大学生活にはならなかった。

あんな大学でも、入った甲斐はあったと思いました。

 

サークルでは、ただのサークル員だった自分が

内部での活動だけでなく外部へ出たり、このサークルの集大成となるライブに参加したり、楽譜を沢山書いたり、アクティブに活動できた年でした。

目標を立てて活動し、それを達成できたときの気持ちよさはたまらないなと感じました。

直接褒められることが多く、ネガティブなことを考えてしまいがちな私でも少し自信がつきました。

 

新たなコミュニティへには人生を左右する試験直前にもかかわらずオーディションを受け、入りました。

人生が変わりました。練習への姿勢はサークルにもいかされています。

趣味であるはずの活動について真剣に考え、発言できる一人ひとりの思いに驚きました。

 

すべてを通して、挑戦することは怖くても、傷つくことや挫折を怖がっていたら成長しないということに、ようやく気づくことができた一年でした。

 

そんなこんなで大学卒業まであと一歩です。

今までは「早死にしてもいいな」と思っていたのですが、最近遠い将来のことを考えることが増えたように思います。

それと同時に、「死にたくない」「長生きしたい」「不自由のない生活がしたい」という考えも出てきました。

自分の将来がある程度決まってきたこと、社会人になることに現実味が帯びてきたことが理由だと考えられます。

そこで、なんだか年老いた発想のような気もしますが、「美と健康」を来年の目標にしようかなと思い始めました。

 

ぶっ飛んだ話になっている気がする。

 

・健康第一

社会に出る前に、もう少し体力をつけたい。

・日課を作る

三日坊主にならない自分を作りたい。

QOL向上

満足のいく何か娯楽を見つけたい。

 

以上4点が主な理由です。最近23年間で一番体重が重く、ダイエットと縁がなかった自分もさすがに体重を減らしたいと思い始めました。

健康にも繋がると思いますので、まずは毎日体力作りに励みたいと思います。

たまに、肌にも気を遣おうと思います。

 

浴槽などで、独りで何もせず考える時間は大事だなと、改めて思いました。

帰宅してすぐ寝て、起きて、出かけて、寝て、起きての繰り返しの日々を送っていたせいで
自分の生活はままならず、家族とのコミュニケーションも取れないまま一年が過ぎて行きました。 

 

考えることを避けず、考える時間を定期的に設けたいと思います。

 

それでは、良いお年を。

 

 

こだわり

 

一つのものごとに真剣になれる人が羨ましかった

こだわりを持っている人が

 

どうしても色んなことに取り組みたい気持ちが優先してしまって、

考え方にもあまりこだわりがなくて、

一つのことだけを考えるのはしんどいから

逃げるように違うものごとに取り組む

 

そんな人生だなと

 

芸術系の道に進む同級生たちの努力は凄い

先のわからない不安定さに私は耐えられない気がする

 

 

広告を非表示にする

写真と物事

モラトリアム期間なんだから、もっと学ばないと。

 

写真を撮るのが趣味なんですが、どうしても同じような構図になってしまいます。

もっと視野を広げられたらと思うのですがなかなか難しいものです。

 

写真だけではありません。

様々な分野において、多角的に物事を捉えたい。

たくさんの考え方、思いを知りたい。

今、そういった欲求が強くなりつつあります。

人と話すこと、本を読むこと、そして受け止めて考えること

大学を卒業するまでに、できるだけ多くの機会を設けられればと思います。

 

視野を広げて多様な写真を撮った時に、それでも自分らしさが残っていれば、一番良いですね。

 

一つ一つのイベントが終わるたびに卒業が迫ってきていることを実感しています。

 

 

広告を非表示にする

食欲と睡眠欲

 

日記を書く力はありませんが、

論文を書く力は、自分が思っているよりはあるらしいです。お久しぶりです。

 

少し? かなり? 汚い話です。

 

ここ3日くらい「お腹の風邪」と診断されろくなものを食べられていません。

また「お腹の風邪」と言うだけあって、出せるものは全部出ます。

もともと深刻な便秘なのですが、どうやら全て出たようで、お腹がヘコんでいて気持ちがいいです。

なんと体重が4日前に測った時よりも4キロ減っていました。

 …溜まっていたものが凄かったのか、とんでもなく食べていたのか…

 

最近23年間で乗ったことのない大台に乗ってしまっていたので、元に戻っただけなのですが、食欲があって欲しいと願うばかりです。体重より食欲。

 

…ああ、お腹の調子が良ければ、無料でサーティーワンアイスを食べられていたのに。

今は何も食べたくありません。お昼なのに。

 

食欲と言えば、「睡眠欲」と「食欲」が並んだ時、どちらを優先するかという話を人とよくします。

 

例えば、すごく疲れた状態で深夜1時に帰宅した時。夜ご飯はまだ食べていません。

あなたはどうしますか?

 

私は迷わず寝ます。

ご飯が用意されていても、「食べなきゃ」と思いながら眠りに落ちます。

私は電車でも車でも、基本的にどこでもすぐに寝る人間です。ご飯を食べるよりも、寝ていたい。

これは人によって違うので、話のネタにしています。面白い。

 

日記をまとめますと、私の優先度は

睡眠欲>食欲>ダイエット欲

と、いうことですね。

 

 

広告を非表示にする

夢から現実へ

高校時代に決めた将来の夢が、叶うことになった。

来年度からおそらく。

 

試験勉強はほとんど1ヶ月前から始めたし、面接は一夜漬け、論文に至っては対策もしていない。

でも、ピアノは今までにないくらいやったかもしれない。模擬授業は上手くいった自信がある。

だめだったと思ってた。

一次に関しては、自己採点も得点開示もしていない。

 

それでもこうなったのは、きっと大学でしっかり勉強したからだろう。

受験に失敗して、それでも頑張ろうとしたからだろう。

諦めなくて、4年間サボることもなく真面目に授業を受けて良かった。

興味のあるものには積極的に取り組んできて良かった。

 

来年度に向けて、しっかり準備したい。

あまり夢をみすぎていないから、ここからが大変だって分かっている。

現実になるまでにできることはまだあるはず、

目標を立てて、見失わないようにしよう。

 

 

 

広告を非表示にする