分岐点

 

今になって気づいたことがある。

 

とにかく、挑戦する機会を悉く無駄にしていたということだ。

生徒会に立候補したり、何か新しいことを自分から始めたり、オーディションにでたり。

他人と比べられ、優劣を付けられることから出来るだけ逃げてきた。

 

挑戦したことといえば、覚えている限りでは、絶対勝つ自信のある立候補や、リスクのないサークルのオーディション、そして受験くらいだ。

 

23歳。

 

この歳になってようやく、自ら選んだコミュニティに入れるよう、挑戦する。

選ばれなければ苦しく、選ばれれば嬉しい。それだけのことだ。これはおそらく私の人生の分岐点になると思う。

全てに選ばれるように、8月は頑張ろう。

 

 

広告を非表示にする