将来に今思うこと

 

不安しかありません。 

 

このまま私は大人になってしまう。

大丈夫なのか、と漠然と不安に思います。

 

こんなに不安なことは中々ないなと思っていたのですが、よくよく思い出してみると、

ことあるごとに不安がっているような気がします。

 

免許合宿の3日前から他の人と仲良くなれるのか不安になったり、

サークルに馴染めず、イベント毎に不安にかられたり、…

受験時代は不安がより多かったように思います。

 

だから、実は大丈夫なのかもしれません。

なんとかなるのかもしれない。

それでも今は、少しだけ新しい環境の始まりを感じ、未来に不安のみを抱いています。

 

新たな生活が始まるということは、今いる場所からは巣立つことになります。

 

来年度もまた、仲良くしてくれるような友人は作れただろうか。

諦めそうになったとき、誰を頼れば良いのだろうか。

別れが近付く度にそんなことを思います。

女々しいですね。

 

「卒業してもよろしく」と言ってしまえれば良いかもしれません。

「私たち、卒業しても友達だよね?」なんて確認が、本当に取れるなら使ってもかもしれませんね。

不確定な未来についての言動を毛嫌いしていましたが、前者は前向きな、これからも付き合っていこうという積極的な姿勢があって良いのかも。

「サークルが同じだから」喋っていたのではなく、「あなただから」喋っていたんだよ。

そういった気持ちでこれからも友人付き合いが続くよう、私が努力してみようと思い始めています。

 

不安な将来についても、積極的に、

自ら行動する姿勢が大切だということを今日の研修で学んだところでした。

 

何にせよ、まずは卒業までの期間を大切に。

広告を非表示にする