家族のあり方

 

十数年振りに叔父叔母とご飯を食べた。

祖父母と一緒に。

祖父母・叔父叔母・私という不思議な会合だった。

叔母が小さかった頃の話や、叔父が祖父母と初対面した話、私が赤ちゃんだった頃の話、私の父やもう一人の祖母の話…

沢山の話をして、沢山笑った。

 

近所に親戚がいない私には、あまりこういった食事会の機会はない。

叔父もそうだったらしく、しきりに感動していた。 

 

祖父母が旅立ってしまったら、という話もした。

悲しいが、必ずそういう日が来るんだなと思った。叔父叔母はその準備をしていた。

 

いい関係なんだと思った。

 

私もその関係の中に少し入れたのが、とても感動した。

「またみんなで会えたらいいのにね」

最期が近付いていたり、私が大人になってしまったから、難しいということは、みんな分かっている。

 

それでも、みんなで会いたいなと思った。

仲良しでとても良い関係の夫婦だった。

 

嬉しくて寂しい夜だった。

広告を非表示にする