中学校時代を思い出して

自分の中学校時代を最近頻繁に思い返している。

今日は卒業アルバムを見た。

 

クラスメイトに誰がいたか思い出せず、アルバムを見てようやく思い出した。

いま見てみても微妙なクラスだなと思った。

中学が楽しくなかったからこそ、高校をすごく楽しんだ。

だから、忘れていたのだ。

 

嫌われることを恐れ、自分の立ち位置を気にしすぎていたあの頃。

生徒会に立候補しないかと先生に言われても、人望に自信がなく、断ったあの頃。

職員室で笑いを取りにいっていたあの時代。

本当に嫌で仕方ないクラスメイトとのいざこざ。

あの時の私は、先生から見たらどういった生徒だったんだろう。

 

色んな人と仲良くなれる、リーダーシップをとれる人?

 

私からしたらそうではなかったから、生徒会にも立候補しなかったわけです。

もっと自分からアクションを起こせば変わっていたのだろうか。

友人も、環境も。

 

もっと、今も連絡を取れる友人がいたのだろうか。